低摩擦フロントアンダーガード(パープル)

フロントアンダーガードの低摩擦プラバージョン。

アイテムナンバーが95000番台なので限定品ではあるのですが、使わない人は使わないので店頭で見かけることがあります。

※写真を準備中です。

低摩擦フロントアンダーガードのセット内容

アンダーガード本体

形状は通常のアンダーガードと同じです。
小径タイヤ用と大径タイヤ用が付属しています。

説明書は低摩擦版の専用のものではなく、通常版の説明書が入っていました。
取付け方や期待できる効果も同じ様子です。

通常版と同じく横幅を狭くする場合は、中央のパーツを使わないセッティングもできます。

POM製アンダーガード

ミニ四駆で低摩擦樹脂と表記されていた場合、ほぼ確実にPOM製です。
今回もランナーに刻印があります。

POMはポリアセタールやポリオキシメチレンと呼ばれる樹脂で、摩擦係数の小さいことで知られます。ジュラコンと呼ばれることもあり、私としてはこの呼名に親しみがあったりします。

アップダウンのあるコースでは路面やフェンスと接触する可能性のあるパーツなので、摩擦が小さい方が体勢を立て直しやすくなるはずです。

また、プラスチックとしては比重のあるパーツなので低重心化も多少は期待できます。

セッティングパーツ

6mm丸ビス 6本

小ワッシャー 7枚

3つのパーツを6点で固定するので、予備はワッシャー1枚だけです。

低摩擦フロントアンダーガード使用可能マシン

MA、MS、AR、VS、スーパー2、XXシャーシで使用可能です。

これらで仕様どおり使えるということは、これらのバンパー底面の高さは全て同じになるように設計されているのでしょうか。

ランナーを持った感じが少し重い

POMはプラスチック樹脂のなかでも比重が大きいことで知られます。
ランナーから切り離す前に持ってみたら少し重い感覚。

通常版との重さ比べをいずれ記事にしてみようかと。

タイトルとURLをコピーしました