スリムマスダンパーセット

ミニ四駆 マスダンパー

通常のマスダンパーではボディ等に干渉してしまう場所にも取付けられる、細身形状のマスダンパー。長さ(高さ)のことなる重りが2種類、2個ずつ付属しています。

スリムマスダンパーセットパッケージ
スリムマスダンパーセットパッケージ

長短を別々に販売してくれないかなと思うこともあったり。

スリムマスダンパーセットの内容

スリムマスダンパーセットの内容
スリムマスダンパーセットの内容

セット内容のメインは長短2種類のスリムマスダンパー各2個。

セッティングパーツ

  • 2×30mm丸ビス 3本
  • 2×20mm丸ビス 3本
  • ナット 5個
  • スプリングワッシャー 5個
  • スタビボール 4個(2組)

付属工具

  • ゴムパイプ

取り付け用のビスは30mmが3本と20mmが3本、ビスの先端を隠すための赤いボールが4つ。
それを取り付けるためのゴム管。

4つウェイトが入っているけれどビスは2種類2本、ナットとスプリングワッシャーがあるのにレンチがない、割と特殊なセット内容に感じます。

スリムマスダンパーの重さ

長短それぞれの重さを測ってました。

スリムマスダンパー(長)2本の重さ
スリムマスダンパー(長)2本の重さ

スリムマスダンパー(長)2本の重さは約6.1グラム。
1本あたり約3.05グラム。

スリムマスダンパー(短)2本の重さ
スリムマスダンパー(短)2本の重さ

短い方は2本で約3グラム。
1本あたり約1.5グラム。

つまり、短は長のほぼ半分の重さとなっています。
いずれにしてもスリムな分かなり軽いウエイトです。

スリムマスダンパーの大きさ

通常より軽いウエイトも特徴ですが、やはり他のパーツに干渉しない大きさがこのパーツの魅力と言えます。

スリムマスダンパーの太さ
スリムマスダンパーの太さ

スリムマスダンパーウエイトの直径は長短ともに約7mm。

通常の円盤型マスダンパーの直径が11.4mmなので半径約2.2mmのスリム化。
これで他パーツに干渉しない可能性も増えるでしょうか?

スリムマスダンパーの高さ
スリムマスダンパーの高さ

スリムマスダンパー(長)の高さが約11.5mmです。
(短)の方はそれの約半分よりわずかに低い約5.6mm。

重さ的にも半分でしたし、細かい衝撃に備えて長1個を短2個に置き換えるのはありかもしれません。

太さ7mmに使いみちはあるか?

実車系マシンなど、ボディが大きい場合はマスダンパーが干渉してしまう可能性が高くなります。
そういった場合にスリム形状が役に立つ場合があります。

その他、ウエイトの微調整にも使えるでしょう。異なる形状の2つのウエイトを重ねて使う方法もあります。

ただ、太さが7mmになったことで全く新しい可能性が拓けたかと言うと、少し疑問が残ります。

小さくしすぎて軽くなりすぎても意味のなくなるパーツなので、他のパーツと相談してつける、ということになるのが現実的かもしれません。

スリムマスダンパー装着の失敗例
スリムマスダンパー装着の失敗例

とりあえず、FRPプレート中央に開いている3つの穴それぞれに取り付けるのは無理でした。

タイトルとURLをコピーしました